フレッシュランド西多摩に天然温泉?若い世代にアピールへ施設改修へ

有料会員記事

杉山圭子
[PR]

 ごみ焼却の余熱を利用した温浴施設で知られる東京都羽村市の「フレッシュランド西多摩」で24日、天然温泉の掘削現場が公開された。深度1800メートルの掘削作業は4月末に終え、以降はくみ上げた地下水の調査などが続けられている。源泉の温度は現在、国が温泉法で定める25度を超す約35度。温泉認定が6月初旬にも得られる見込みだという。

 施設を運営するのは羽村と青梅、福生、瑞穂の3市1町でつくる西多摩衛生組合。地域内の家庭から出た可燃ごみを処理する「環境センター」の隣接地に、2001年に開設された。

 浴槽の壁に取り付けたトロン…

この記事は有料会員記事です。残り391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら