返礼品はオーダーメイドの日本刀 ふるさと納税、勝負かける京丹後市

有料会員記事

滝川直広
[PR]

 「ふるさと納税30億円」を掲げる京都府京丹後市が、新たな返礼品を投入して「勝負」をかけている。目玉はオーダーメイドの日本刀。納税額を増やし、市の魅力も発信できればと期待している。

 オーダーメイド日本刀は18日に返礼品リストに加わった。市の返礼品のなかで最高額となる「太刀」(550万円)と「刀」(同)など4種類。一番安い「短刀」は293万4千円だ。

 市内に拠点を置く「日本玄承社」が製作する。細部の寸法や刃紋、銘などは寄付者の好みに応じて作り、最短でも半年、長いと1年ほどかかるという。

 日本刀を返礼品にする自治体は他にもあるが、もともとの刀や刃物の産地が多い。京丹後はそうではないが、意外性で街の知名度を上げつつ、ものづくりを盛り上げられたらと、市の担当者は狙っている。

これまではカニ頼み 海が荒れれば休漁

 オーダーメイドは日本刀のほ…

この記事は有料会員記事です。残り720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。