• アピタル

糖尿病治療の膵島移植、免疫抑制剤なしで血糖値抑える 福岡大が発見

有料会員記事

安田朋起
[PR]

 重い糖尿病患者にインスリンをつくる膵島(すいとう)細胞を移植する治療で、免疫抑制剤を使わずに効果を持続させる方法をマウスで開発したと、福岡大の安波洋一名誉教授(再生移植医学)らが発表した。

 実験では、糖尿病のマウスに移植した膵島細胞が1年以上血糖値を抑える働きを保ち続けたという。米糖尿病学会誌電子版に論文が掲載された。

 膵臓(すいぞう)からインスリンをつくる細胞だけを取り出して移植する膵島移植は、国内ではドナーが少なくまだ数十例だが、開腹手術が必要な臓器移植より軽い負担で糖尿病患者をインスリン注射から解放できる治療法だ。

 ただ、移植後に免疫が異物とみなして攻撃する拒絶反応を防ぐため、免疫抑制剤を一生飲み続けないと効果が続かない。

 安波さんらはまず、膵島細胞を、現在移植されている肝臓ではなく、皮下脂肪に移植する技術をマウスで開発した。

 さらに、移植前に約2週間、血管再生作用のある薬剤を皮下脂肪に局所的にしみ込ませてからその部位に膵島細胞を移植すると、免疫抑制剤なしでも長い間血糖値を低く保てることを発見した。

 詳しく調べると、皮下脂肪に…

この記事は有料会員記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら