十勝の春の風物詩、育成牛の入牧始まる

中沢滋人
[PR]

 若い乳牛を預かり、牧草地に放つ「入牧」が24日朝、北海道帯広市の八千代公共育成牧場で始まった。酪農が盛んな十勝地方の春の風物詩だ。牛たちは10月ごろまで、約496ヘクタールの広大な放牧地を駆け回って過ごす。

 乳を出す前の「育成牛」と呼ばれる牛の足腰を鍛え、健康で丈夫な身体に育てるほか、酪農家の負担軽減の目的もある。市農政部によると、体重は入牧時の約200~300キロから、放牧後は約500~600キロ程度になるという。

 今年度は市内の22戸から新たに預かった227頭と、冬から継続して預かる分の計約1千頭が放牧される。牛舎からトラックで運ばれてきた牛たちは、体格測定、消毒などが行われたあと、牧草地に放たれた。秋までに人工授精され、おおむね出産2カ月前に酪農家の元へ帰っていく。(中沢滋人)