貧打でも交流戦で一気に浮上へ 阪神がみせたパのエース級攻略の糸口

阪神タイガース

高橋健人
[PR]

(24日、プロ野球 阪神タイガース1―0東北楽天イーグルス)

 交流戦はこれで勝つ――。そう意思表明するかのような、阪神の手堅い決勝点だった。

 0―0で迎えた六回。先頭の2番中野拓夢が楽天・田中将大の低めの変化球にバットを出し、二塁内野安打で出塁する。後続の2打者は凡退。ならばと中野が足を使い、二塁盗塁を決めた。

 打席には、直前の守備で左翼フェンス際の打球を好捕した大山悠輔。「なんとしても点を取りたい展開。とにかく必死に食らいついた」。5球目。外角高めの変化球をコンパクトに振り抜き、中前へ運ぶ。中野が好走塁で生還した。

 いまの打線は迫力に乏しい。不調のロハスは2軍で調整中。右足のコンディション不良で一時離脱し、10日から3番に戻ったマルテも調子が上がらない。チーム打率はリーグワーストの2割2分4厘で、交流戦に突入した。

 23日、井上一樹ヘッドコーチは言った。「スモールベースボールを取り入れないと無理だな」。果敢な走塁や小技、しぶとい打撃……。この日も2盗塁、1犠打、内野安打2本で揺さぶり、相手の投手陣に食らいついた。

 今後もローテーション順通りなら、ロッテの佐々木朗希、ソフトバンクの東浜巨オリックス山本由伸ら、パ・リーグのエース級との対戦が続く。大量点は望めないだろう。

 求められるのは、この日のように少ない点数を守り勝つ野球。投手力なら勝負できる。セ・リーグ最下位の阪神が、パの首位チームに意地を見せた1勝だ。(高橋健人)

 西勇(神) 七回途中無失点の好投。「要所要所で野手のみんなが好プレーで助けてくれたので、粘って投げることができたと思います」

 大山(神) 六回2死二塁で決勝の中前適時打。「なんとしても点を取りたい展開だったので、とにかく必死に食らいついた」

 矢野監督(神) 5投手のリレーで零封勝ち。「出た投手が根気よくやってくれた。(西)勇輝も球数が増えていたが、らしく頑張ってくれた」

 石井監督(楽) 4試合で計1得点の打線について「それなりにコンタクトできている。ただチームとしてどうにか1点を取らないと」。

 田中将(楽) 9年ぶりの甲子園で6回1失点。「全体的にはよかった。(大山に打たれた)あそこだけ。あれはもうめちゃめちゃ悔しいです」