中国外務省、日本公使に「強烈な不満」伝える 日本は反論

有料会員記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国外務省の劉勁松アジア局長は24日夜、在中国日本大使館の志水史雄特命全権公使と面会し、日米首脳会談や日米豪印(クアッド)首脳会合をめぐり、中国に対する否定的で誤った言動があったとして、日本に対して「強烈な不満と深刻な懸念」を申し入れた。中国外務省が発表した。

 一方、日本大使館によると、志水氏は「中国側の申し入れは受け入れられない」として反論。中国側に一方的な行動があるとして「懸念」を表明したという。

 中国外務省の汪文斌副報道局…

この記事は有料会員記事です。残り112文字有料会員になると続きをお読みいただけます。