世界で唯一、人より銃が多い国 なくならぬ銃乱射、学校で奪われる命

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米国では、多数が犠牲になる銃の乱射が一向になくならず、学校現場における事件もくり返されている。

 「もう、うんざりだ。私たちは行動しなければならない。こうした殺戮(さつりく)に対して私たちは影響力を持たないなどと、私に言わないでほしい」

 バイデン米大統領は24日夜、ホワイトハウスで演説し、憤りをあらわにした。

銃で4人以上が撃たれる事件、驚きの数

 1999年にはコロラド州の…

この記事は有料会員記事です。残り539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら