性的少数者カップルに公的証明書 栃木県、9月にも導入

山下龍一
[PR]

 性的少数者カップルに公的証明書を発行する「パートナーシップ宣誓制度」について、栃木県福田富一知事は24日の記者会見で、9月に導入する考えを表明した。「性的マイノリティーの方々の生きづらさを解消するため、9月導入に向け準備を進めている」と述べ、県内自治体との調整を進める考えを示した。

 制度は、LGBTなどの性的少数者のカップルを公認するもの。知事はこの日の会見で可能になるサービスとして、パートナー同士の公営住宅への入居、病院での面会、カップルを対象に県が発行する「結婚応援カード」の利用をあげた。

 一方、県議会の超党派で、性の多様性に関する理解促進の条例を作る動きもあったが、意見がまとまらず実現していない。知事は、県としても「条例化は当面考えていない」と述べた。(山下龍一)

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]