農業用水、試験的に給水も「いつもの半分」 土にひび・苗は黄色に

有料会員記事

良永うめか、三宅梨紗子
[PR]

 愛知県豊田市の取水施設「明治用水頭首工(とうしゅこう)」で起きた大規模漏水で、農業用水の給水が25日、豊田市など一部地域で試験的に始まった。だが水が出にくい地域もあって供給は不安定で、農家では、安堵(あんど)と不安の思いが交差する。

 試験的な給水が始まる豊田市福受町付近では、明暗が分かれた。

 「今日は水量が多い」。農家の生田実さん(78)は水が張った田んぼを前に喜んだ。コメの品種「あいちのかおり」を育て、4~5日前から水は少しずつ出ていた。「水は増えたが、いつもの半分。まだ足りない」と語る。

 水が出ていない田もある。生田さんがもち米を育てている別の田では、午前11時時点で水は出ておらず、土は干上がり、ひびが入っていた。妻の宏子さん(76)は「はりきって早起きしたのに。植えた苗もかわいそう。このままだと草が生えてしまう」と不安そうに語った。

 加藤利久さん(67)の一部…

この記事は有料会員記事です。残り668文字有料会員になると続きをお読みいただけます。