琵琶湖に浮かぶ「研究室」 老朽化でSOS 存続かけて寄付呼びかけ

有料会員記事

茶井祐輝、編集委員・永井靖二
[PR]

 琵琶湖で環境測定や小中学生の実習に使われてきた実験調査船「はっけん号」が廃船の危機にある。建造から30年近くたち、老朽化が深刻なためだ。船を管理するNPO法人「びわ湖トラスト」(大津市)は「補修して存続させたい」とクラウドファンディング(CF)を活用し、3千万円を目標に寄付を募っている。

CFは6月7日まで。詳細は、専用サイト(https://readyfor.jp/projects/BiwakoTrust別ウインドウで開きます)へ。

 はっけん号(全長18・9メートル、幅6・2メートル、36トン)は1993年、琵琶湖の環境を調査するため、滋賀県が建造した。大型機器を扱える荷重1トンのクレーンなどを備え、「湖上の研究室」として使われてきた。だが、県は15年、新たな調査船「びわかぜ」を建造。はっけん号は16年、びわ湖トラストに払い下げられた。

 びわ湖トラストは、二つの船…

この記事は有料会員記事です。残り557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら