細田衆院議長「立場変わってない」 セクハラ発言報道を改めて否定

[PR]

 細田博之衆院議長は25日午後、女性記者にセクハラ発言をしたなどとする週刊誌報道について、国会内で記者団の取材に応じ、改めて報道内容を否定した。「言えることは、すでに月曜日に抗議文を出しているが、その通りで立場は変わっていない」などと話した。

 細田氏をめぐっては、5月19日発売の週刊文春が、過去に複数の女性記者に対して「彼氏はいるの」と尋ねたり、深夜に自宅に「今から来ないか」と電話をしたりしていたと報じた。細田氏は23日、週刊文春に「全くの事実無根だ」などと文書で抗議していた。

 25日には記者団から「事実無根ということなのか」と改めて問われ、「(立場は)同じことだ」などと答えた。