山中で発見の二つの骨、DNA鑑定で小倉美咲さんと一致 山梨・道志

池田拓哉
[PR]

 山梨県道志村の山中の沢で見つかった左すねと右前腕部の骨の一部について、県警は25日、DNA型鑑定の結果、2019年に近くのキャンプ場で行方不明になった千葉県成田市の小倉美咲さん(不明当時7)と一致したと発表した。今回の鑑定で、これまでに発見された骨の鑑定はすべて終わった。

 今回の発見場所から十数メートルの場所では肩甲骨も見つかっており、県警がDNA型鑑定で美咲さんのものと断定。「美咲さんは死亡していると判断した」と発表している。死因は判明していない。

 県警は今後も骨などの捜索を山中で続けるとともに、事故と事件の両面で捜査する。(池田拓哉)