「逃げれば射殺」 ウイグル、苛烈さ示す内部資料が大量流出と報道

有料会員記事

北京=高田正幸
[PR]

 少数民族への人権侵害が指摘される中国新疆ウイグル自治区をめぐり、共産党幹部らの発言や収容施設内部の写真とされる資料が大量に流出し、入手した国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)などが報じた。逃亡者を「射殺せよ」と語る党幹部の発言もあり、苛烈(かれつ)な取り締まりの実態をうかがわせる内容だ。

 資料はドイツ人研究者が入手したものを、ICIJや英BBCなど日米欧の14報道機関が共有。内容の検証などを経て、24日に一斉公開した。

 報道によると、2017年5…

この記事は有料会員記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら