人権問題で「教師づら」するな 習近平氏が国連人権トップに強調

有料記事

北京=高田正幸
[PR]

 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は25日、バチェレ国連人権高等弁務官とオンラインで会談し「人権問題で『理想の国』などなく、他国に『教師づら』すべきではない」と語った。新疆ウイグル自治区で人権侵害が行われているとする米欧などの批判を念頭に、強く反論する姿勢を強調した。

 中国外務省によると、習氏は…

この記事は有料記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!