不遇のガンダム15話を映画に 安彦良和監督「思い残すことはない」

有料会員記事

小原篤
[PR]

 ガンダムシリーズ第1作の1エピソードを長編映画にした「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」が6月3日、全国公開される。監督は安彦良和。第1作でキャラクターデザインと作画監督を務め、マンガ家としても活躍する74歳のベテランは、「大きな状況に放り込まれた名もなき小さな者たちのドラマ、というファーストガンダム全体のテーマを凝縮した物語になっている」と語る。

 1979年7月放送の第15話がベース。主人公アムロが、孤島で戦争孤児を育てる敵ジオンの脱走兵ククルス・ドアンと出会う。兵器と戦いの空しさを訴え、爽やかな後味を残す好編だが、絵の質が乱れていることでも知られる。安彦は当時多忙を極め、15話はキャラデザインしか携われなかった。「不遇の作品。でも話は気に入っていました」

 映画は登場する孤児の数を増やし、孤島の日常描写やアムロとの交流を手厚くした。物語もスケールアップ。ドアンの抱えた秘密が孤島での戦闘を呼ぶが、それはジオンと連邦軍の地上での決戦「オデッサ作戦」をも左右する。

 ウクライナのオデーサ(オデ…

この記事は有料会員記事です。残り518文字有料会員になると続きをお読みいただけます。