• アピタル

コロナ感染は全国的に減少傾向、注意が必要な地域も

有料会員記事新型コロナウイルス

市野塊、下司佳代子
[PR]

 新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織(アドバイザリーボード)は25日、感染状況について「大型連休後半以降の増加傾向は継続せず、全国的には一部の地域をのぞいて減少傾向が続いている」と分析した。直近1週間の全国の新規感染者は前週の0・91倍。前週より多かったのは宮城、長野、滋賀、徳島、愛媛、熊本の6県にとどまり、徳島県の1・09倍が最大。10歳未満をのぞく全ての年代で減少した。

 ただ沖縄県のように、直近7日間の平均が昨年末からのピークを上回る地域もあり、「引き続き注意が必要」としている。

 厚労省は会合で、コロナ感染…

この記事は有料会員記事です。残り478文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]