柔道、拳闘、ソフトボールの専門誌が休刊へ 東京五輪も追い風ならず

[PR]

 ベースボール・マガジン社(本社・東京)が発行する柔道やボクシングなどの専門雑誌が、今夏にも休刊する方針であることが分かった。関係者によると、出版不況に苦しむ同社の経営再建策の一環という。

 休刊が決まったのは「近代柔道」「ボクシング・マガジン」「ソフトボール・マガジン」「コーチング・クリニック」など。柔道、ボクシング、ソフトボールはいずれも昨夏の東京五輪で日本の選手が金メダルを獲得したが、追い風にはならなかった。インターネットの普及や競技人口の減少が売り上げに響いたもようだ。

 1956年に創刊された「ボクシング・マガジン」は日本で最も歴史の古いボクシング専門誌で、プロとアマチュア両方の情報を掲載していた。ボクシング・マガジンの元編集長で、現在は別のボクシング専門誌の発行などに携わる前田衷(まこと)さんは「休刊となれば非常に寂しい。ボクシングは競技人口が少なく、広告もとりづらい。うちも他人ごととは言えない」と話した。

 ベースボール・マガジン社は、週刊ベースボールや陸上競技マガジンなど、スポーツの専門誌を多数出版している。