慎重姿勢から…最高裁、立法権に異例の踏み込み 対応迫られる政府

有料会員記事

根岸拓朗 宮田裕介
[PR]

 在外邦人最高裁裁判官国民審査の権利がないのは違憲で、国会には長年放置した責任がある――。最高裁は一、二審が認めたり認めなかったりした請求を全員一致で全て認める「満額回答」を出した。政府は早急な対応を迫られた。

 「国民審査法が在外国民に審査権の行使を全く認めていないことは、憲法に違反するというべきだ」

 6月に定年退官を迎え、最高裁長官を退く大谷直人裁判長は、国民が自分たちを審査する仕組みの制限は違憲と言い切った。

 国は裁判で、国民審査は「議…

この記事は有料会員記事です。残り1835文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら