名古屋市の主張、全面的に退ける トリエンナーレ未払い負担金訴訟

有料会員記事

大野晴香
[PR]

 芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」をめぐり、名古屋市が負担金の一部を払わなかったことの是非が問われた訴訟。名古屋地裁のこの日の判決は、名古屋市の主張を全面的に退けるものとなった。

 芸術祭の開幕翌日に企画展を訪れた河村たかし市長は「日本人の心を踏みにじるものだ。即刻中止していただきたい」と話した。訴訟が始まると自ら出廷し、展示作について「国民が激しく不快感・嫌悪感を抱くような描写や映像と共に政治的主張を含む作品」と断じ、「税金を使って展示することがはたして適正なのか」と訴えた。

 しかし、判決は「住民が多様…

この記事は有料会員記事です。残り613文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら