「とんでもない判決」「裁判官が言っただけ」 河村たかし市長が反発

有料会員記事

[PR]

 名古屋地裁は25日、2019年に愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の未払い分の負担金などの支払いを名古屋市に命じる判決を出した。「市民らに嫌悪を催させ、違法性が明らかな作品の展示を公金で援助することは許されない」とする市の主張は退けられた。判決を受け、河村たかし市長は同日夜、名古屋市役所で記者団の取材に応じた。

 主なやりとりは次の通り。

 ――判決の受け止めは。

 「とんでもない判決。司法に対する市民のみなさんの信頼が揺らいだんじゃないか。明日(26日)、弁護士と相談して、今後の対応については、著しく、厳しく、市民、国民を守る観点から対応させていただきます」

 ――全面的に市の主張が認められなかった。

 「びっくりした。めちゃくちゃですよ。もう本当に」

 ――控訴しないことはありえるのか。

 「ありえんでしょう。ものす…

この記事は有料会員記事です。残り695文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら