第76回電気も水道もない地下シェルター、協力して2カ月過ごす 生還者証言

ウクライナ情勢

ウクライナ西部ブコベル=坂本進飯島健太
[PR]

 ロシア軍に包囲され、猛攻撃を受けたウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」。その地下では、300人超の市民が、電気も水道もない中で2カ月間のシェルター暮らしを送っていた。避難者たちはコンクリート片で組んだ調理台でスープを作ったり、1日1回の会議を設けたりして、協力しながら毎日を過ごしたという。

 生還した8人が、現在滞在するウクライナ西部ブコベルで、朝日新聞の取材に地下生活の様子を語った。

 3月2日から66日間、製鉄所の地下シェルターにいたナタリア・バブーシさん(35)は、30人超の避難者の調理を担当した。3月上旬の時点で、バブーシさんがいたシェルターでは150食分の米やパスタと缶詰があり、スープにして少しずつ使っていった。

 5月6日、人々は国連や赤十字国際委員会が手配したバスに乗り、製鉄所から退避した。そのとき残っていた食料は、どんなに節約しても1週間分ほどにしかならない量だったという。

 爆撃による死の恐怖と隣り合わせの地下生活で、住民たちは話し合いで困難を乗り越えた。

 最大で50人近くが避難したシェルターにいたラリサ・ソロプさん(49)によると、1日1回、夜に避難者が集まる「住民会議」が開かれた。避難生活で生じた問題や、避難者間のいざこざを話し合いで解決していたという。(ウクライナ西部ブコベル=坂本進飯島健太

連載ウクライナ危機 市民は今(全150回)

この連載の一覧を見る