「逃げ馬」を偏愛して50年 馬群に沈むのもまた人生 亀和田武さん

有料記事

聞き手・中島鉄郎
[PR]

 人気薄の「逃げ馬」。競馬で大穴が出るパターンのひとつだ。あれよあれよといううちに「一人旅」でゴールしてしまう。日本ダービー直前、競馬歴半世紀の作家・コラムニストの亀和田武さんに「逃げ馬」論を聞いた。

リレーおぴにおん 「逃げる」

1949年生まれ。過去には民放ワイドショーの司会者も。著書に「どうして僕はきょうも競馬場に」(JRA賞馬事文化賞)など。

 日本中がハイセイコー人気で沸いていた1973年から競馬を始めたので、かれこれ半世紀が経ちます。たくさんの馬に出会ってきましたが、個性的だった昔の「逃げ馬」をよく覚えています。

 スタートから飛び出し、先頭をひた走る「逃げ馬」。たいてい最後の直線ではバテてしまいますが、うまく条件がそろうと、そのまま逃げ切ってしまい、大穴をあける。逃げ馬のだいご味です。

 「白い逃亡者」の異名で知ら…

この記事は有料記事です。残り1068文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!