【そもそも解説】加工食品の原料、産地はどこ? 表示ルール読み解く

有料会員記事【そもそも解説】

編集委員・大村美香
[PR]

 この春から、すべての加工食品に原材料の原産地表示が義務づけられました。最も多く使われている原材料の原産地を表示する仕組みですが、ルールは複雑です。スーパーの商品棚を見ながら、読み解いてみました。

 Q 原材料の産地はどこに書いてあるの?

 A パッケージにある一括表示欄の中だ。内容量や消費期限などがまとめて表示されている。

 Q どのように表示されるの?

 A じゃあ、このブルーベリージャムのパッケージを見てみよう。

写真・図版

 Q 原材料名の部分に「ブルーベリー(カナダ産)」とあるね。

 A そう。産地表示が必要なのは原材料のうち、最も量が多いもの。原材料名は量の多い順に書くルールなので、筆頭の原材料名に丸カッコで産地名がつくんだ。これが基本の表示方法。じゃあ、このせんべいとコンビーフの表示の違いは何だと思う?

写真・図版

 Q せんべいは「うるち米(…

この記事は有料会員記事です。残り1042文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【そもそも解説】

【そもそも解説】

なぜ?どうして? いま気になるニュースの「そもそも」を、Q&A形式で解説します。[記事一覧へ]