細田衆院議長、文春「セクハラ」発言報道に抗議 「全くの事実無根」

[PR]

 細田博之衆院議長は26日午前、女性記者に「セクハラ」発言をしたなどと週刊文春が報じたことについて、改めて抗議する文書を発表した。「すでに事実無根として強く抗議したところだが、同趣旨の記事が掲載されていることに強く抗議する」としている。

 文書によると、通常国会の閉会後、弁護士と協議し、訴訟も視野に検討するという。細田氏は23日にも、事務所を通じて「全くの事実無根だ」「番記者やマスコミを男女で区別したことはない」などと抗議している。

 19日発売の週刊文春は、細田氏が過去に複数の女性記者に対し、「彼氏いるの」と尋ねたり「今から来ないか」と電話して深夜に自宅に誘ったりしたと報じた。26日発売の週刊文春は、細田氏が女性記者に「警察が立っているし、大丈夫だから。うちに来て」と求めたなどとする複数の発言を報じた。