• アピタル

盲目の元新聞記者が打ち込んだピアノ 生涯たどる舞台、札幌で再演へ

有料会員記事

松尾一郎、三木一哉
[PR]

 ベートーベンのピアノソナタ「月光」に魅せられた盲目の男性が主演を務める演劇が、札幌で再演される。主演の元新聞記者の男性は昨年11月に死去。しかし関係者は引き続き男性を「主人公」として上演する。

 演劇のタイトルは「ムーンライト」。2018年初演で、20年に再演された、演出家・映像作家の村川拓也さん(40)によるドキュメンタリーのような舞台作品だ。

 「ムーンライト」の再演は28、29日、さっぽろ創世スクエア(札幌市中央区)にある札幌市民交流プラザで。当日券は大人3千円、25歳以下千円。問い合わせは札幌市民交流プラザ劇場事業課(011・271・1950)。

 主演は元朝日新聞記者の中島昭夫さん。1969年に朝日新聞に入り、札幌を振り出しに大阪社会部記者などを務め、情報公開などの問題に取り組んだ。2004年に退職。大学で情報公開制度についての講義を行った。

 中島さんは高校を出た頃「月…

この記事は有料会員記事です。残り974文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら