第5回デモクラシーが背中を押した 「職業婦人」が誕生、100年前の光景

有料会員記事

[PR]

朝日新聞写真館

 100年ほど前、大正デモクラシーは女性の社会進出を後押しした。

 女性事務員が増え始めたのは、東京駅前に丸ノ内ビルヂング(旧丸ビル)が完成した1923年ごろからと言われる。新しい職業と洋装が広がり、多くの女性が「職業婦人」と呼ばれて活躍した時代だ。

 一方、女性に参政権が認められ、39人の女性衆院議員が誕生するのは戦後。46年4月10日の総選挙でのことだった。

     ◇…

この記事は有料会員記事です。残り184文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら