将棋の谷川浩司九段、現役のまま「十七世名人」に襲位

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の名人獲得通算5期で、引退後に十七世名人(永世名人)を襲位する資格を保持していた谷川浩司九段(60)が、現役のまま、十七世名人を名乗ることになった。日本将棋連盟が26日、発表した。

 谷川九段が4月に60歳を迎えたのを機に、これまでの実績と将棋界への貢献を考慮し、日本将棋連盟理事会が谷川九段の永世名人襲位を推薦。本人や名人戦主催者の合意も得られたため、23日付で襲位が決まったという。

 谷川九段は神戸市出身・在住。1983年の第41期名人戦七番勝負で当時名人だった加藤一二三(ひふみ)九段(82)を4勝2敗で破り、初タイトルとして名人を初めて獲得。21歳2カ月での名人獲得は最年少記録で、今も破られていない。84年の第42期では森安秀光九段(故人、49~93)を4勝1敗で破り、初防衛に成功。失冠後、88年の第46期で当時名人の中原誠十六世名人(74)から4勝2敗で名人を再び奪取。89年の第47期では米長邦雄永世棋聖(故人、43~2012)の挑戦を4連勝で退けた。その後、再び失冠したが、97年の第55期で当時名人の羽生善治九段(51)から4勝2敗で名人を奪取し、35歳の時に名人通算5期獲得で永世名人資格保持者となっていた。

 谷川九段の通算タイトル獲得…

この記事は有料会員記事です。残り847文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら