伝統と創造、そのはざまで生まれた傑作群 未来へつなぐ陶芸の力

有料会員記事

編集委員・中村俊介
[PR]

 伝統を受け継ぎつつ、新たな造形を創造する。そんな一見相反する方向性のなかで陶芸作家は悩み、もがく。しかし、矛盾のはざまに生まれ出た作品群は、いずれも驚きに満ちている。金沢市の国立工芸館で開催中の「未来へつなぐ陶芸――伝統工芸のチカラ」展を見て、そう思う。

 やきものは土と炎がつくる偶然の芸術だ。その偶然をいかにして必然に変え、自分の表現として作陶に取り込むか。重ねられた苦心のたまものである古今の傑作を、日本工芸会陶芸部会の50周年を記念して紹介するのが本展だ。明治の巨匠や歴代人間国宝から現在活躍中の新進気鋭まで、137人139点に日本陶芸界の歴史を凝縮した。

 いくつか紹介しよう。

 加守田(かもだ)章二「曲線…

この記事は有料会員記事です。残り691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら