• アピタル

ランニング1時間、大学の野球部員が倒れ翌日死亡 救急車呼ばず

有料会員記事

高木文子、齊藤佑介
[PR]

 岐阜協立大学(岐阜県大垣市)は26日、硬式野球部の男子部員(22)が今月14日、練習中に倒れ、翌日亡くなったと発表した。約1時間ランニングをした後に倒れたが、救急車を呼ばずに監督らが車で病院に搬送していたという。大学は弁護士らによる第三者委員会を設けて経緯を調べる。

 大学によると、14日午前、野球部のコーチの指示で部員らがランニングを始めた。約1時間後に部員が倒れ、会話ができない状態だったという。監督らは熱中症と判断して車で病院に運んだ。熱があるため病院でPCR検査をしたところ、新型コロナウイルス感染が確認された。大学は活動前に体温を測るよう各部に指導していたが、野球部ではこの日の検温の記録は残っていないという。

 竹内治彦学長は救急車で搬送…

この記事は有料会員記事です。残り180文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    内田良
    (名古屋大学准教授・教育社会学)
    2022年5月26日17時22分 投稿

    【視点】一時間のランニング中の出来事、救急車を呼ばなかった、などいくつか気がかりな情報がありますが、まずはそれらの情報に関係なく、早期に事実確認を進めることが必須です。 仮に熱中症だと判断したのであれば、それはどのタイミングであり、そこでどのよう