安倍元首相、台湾有事をめぐるバイデン大統領発言を「歓迎」

自民

楢崎貴司
[PR]

 安倍晋三元首相は26日、バイデン米大統領が台湾有事の際に台湾の防衛のために軍事的に関与すると発言したことについて、「発言は歓迎したい」と述べた。

 安倍氏は自らが率いる派閥の会合で、「ロシアの侵略のような状況が(台湾に対して)あれば、(米国は)介入するんだということを明確に示した。バイデン大統領の意思は示された。『あいまい戦略』を修正しながら、意思を示して(中国に)牽制(けんせい)したんだろうと思う」との見方を示した。

 バイデン大統領は来日中の23日、岸田文雄首相との共同記者会見で、中国が台湾に侵攻した場合に米国が軍事的に関与するかについて問われ、「イエス。それが我々のコミットメント(誓約)だ」と発言。歴代米政権が維持してきた台湾防衛の意思を明確にしない「あいまい戦略」からの転換を示唆したとして波紋を広げた。しかし、24日に政策の転換かと問われると、「ノー」と否定したうえで、「(米国の)政策は何も変わっていない」と発言している。(楢崎貴司)