前市川市長が導入した高級机と椅子、オークションに 148万円から

有料会員記事

佐々木健
[PR]

 千葉県市川市は、前市長が導入した高級机と椅子のセットをオークションにかけて売却することを正式に決めた。27日から官公庁のオークションサイト(https://kankocho.jp/別ウインドウで開きます)に公告する。

 同市によると、机と椅子は木製のオーダー品で、2020年8月の市役所新庁舎が完成した際に、前市長の村越祐民氏が執務用として導入した。当時の購入額は税抜きで机が約157万円、椅子が約23万円の計約180万円だった。

 昨年6月の市議会で「市民の…

この記事は有料会員記事です。残り338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。