営業先へのチョコ、なぜ自腹? 生保外交員の疑問から訴訟が始まった

有料会員記事

編集委員・沢路毅彦
[PR]

 どうして自腹を切らなければいけないのだろうか。

 住友生命保険の京都支社で保険商品を販売する外交員として働く50代の女性が営業費用の自己負担に疑問を感じ、行動を起こしたのは2018年3月のことだ。

 毎月の給与から天引きされていた「経費」が2千円から3千円に引き上げられると、上司から告げられた。

 経費の名目はトナー代。3千円になる理由の説明はなかった。これとは別にコピー費も1枚7円で引かれていた。

 正規雇用の外交員として働いている。他の地域を担当している知り合いに尋ねると、「私たちはもっと高い」と言われた。以前から毎月3千円を負担しているという。

 労働基準監督署を訪れて相談した。すぐに結論は出ず、「本省(厚生労働省)で扱うことになった」と連絡があったという。

 自己負担はコピー代だけではなかった。

請求額は250万円

 「ずっとおかしいと思ってい…

この記事は有料会員記事です。残り1667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら