吉野家HD社長、元常務の女性蔑視発言など謝罪 株主総会の場で

山下裕志
[PR]

 牛丼チェーン吉野家の元常務による不適切な発言などの不祥事について、吉野家ホールディングス(HD)の河村泰貴社長は26日、都内で開いた株主総会の場で謝罪した。一連の問題で、河村社長が公の場で謝るのは初めて。

 吉野家HDが明らかにした。株主総会には前年より83人多い205人の株主らが参加し、一連の問題に関する質問も出たという。

 吉野家では4月、常務取締役の男性が、大学の社会人向けの講座で女性蔑視の発言をして解任された。今月には、採用説明会へ参加を申し込んだ大学生に対し、本人に確認しないまま外国籍であると判断して参加を断っていたことが発覚していた。(山下裕志)