藤井聡太叡王に敗れても… 勇敢だった挑戦者 出口若武六段の涙

有料会員記事

北野新太
[PR]

 夢の舞台のためにあつらえた和服の袖で涙を拭った。挑戦者は己のふがいなさを責め、こらえきれずに泣いた。

 将棋の第7期叡王戦五番勝負第3局が、千葉県柏市で24日に行われ、藤井聡太叡王(19)=竜王・王位・王将・棋聖と合わせ五冠=が挑戦者の出口若武(わかむ)六段(27)に勝ち、対戦成績3勝0敗で叡王位を初防衛した。

 スコアだけを見ると、五冠を保持する王者がタイトル初挑戦の新鋭をストレートで一蹴したシリーズという印象になるが、出口の奮闘がファンを沸かせた番勝負でもあった。

記事の後半では、妻の北村桂香女流初段がどう見守ってきたのかもご紹介します。

 千日手指し直しになった第2…

この記事は有料会員記事です。残り1243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら