都立高入試スピーキング不受験者 英語筆記同点数者の平均点を加点へ

東京インサイド

関口佳代子
[PR]

 来年度の都立高校入試から導入する英語のスピーキングテストについて、東京都教育委員会は26日、けがや病気で受けられなかった場合、英語の筆記試験の得点が同じだった受験生のスピーキングテストの平均点を加点する方針を定例会で明らかにした。

 都教委によると、インフルエンザやけがなどで受験できなかった生徒は、英語の筆記試験の点数を参考にすると説明。この生徒と同じ高校を受験し、英語の筆記試験の点数が同じだった受験生のスピーキングテストの平均点を算出する。該当する受験生が10人以上いる場合、上位、下位5人ずつの結果から算出し、10人に満たない場合は筆記試験の点数の前後の受験生に対象を広げる。

 スピーキングテストは現在の中学3年生を対象に11月27日、都立学校などを会場に実施する。約8万人が受験し、結果が都立高校の入試に活用される。0~20点で、4点刻みの6段階で評価され、調査書に記載される。タブレット端末に録音を吹き込む形式で実施し、運営はベネッセコーポレーションが担う。(関口佳代子)

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]