食事を断ると「応援せん」 体触る先輩 議員へのハラスメントの実態

有料会員記事

山崎毅朗
[PR]

 暴言、失言、強権、そんなイメージを抱いてしまう政治家。だが、実は嫌がらせやいじめに悩む議員もいる。福岡県議会は、議員と議員を目指す人へのハラスメントを防ぐ条例づくりを進めている。成立すれば都道府県レベルでは初めてで、「票ハラ」にも対応することなどが特徴だ。実際、議員たちは、どんなハラスメントを受けているのか。

 福岡県南部にある筑後市で当選1回の鶴佑季子市議(37)は、こんな経験があるという。

 2019年4月、無所属新顔で立候補。トップ当選だった。

 当選後のことだ。

 「お姉ちゃん、次も応援するよ」

 年長の男性支援者から言われ、二の腕や背中を触られた。

 「次の選挙もがんばってあげ…

この記事は有料会員記事です。残り1952文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら