元交際相手につきまとい殺害の罪、懲役17年判決 福岡地裁小倉支部

上月英興
[PR]

 北九州市で昨年、元交際相手の女性につきまとって殺害したとして、殺人罪などに問われた福岡県中間市の無職篠田勝治被告(53)の裁判員裁判の判決が26日、福岡地裁小倉支部であった。井野憲司裁判長は「執拗(しつよう)かつ残忍。一方的に接触し、意のままにならない被害者に激高しており、身勝手だ」として懲役17年(求刑懲役22年)を言い渡した。

 判決によると、篠田被告は昨年11月、ストーカー規制法に基づき、つきまといを禁じる命令を小倉北署から受けていたのに、北九州市小倉北区の内田理恵さん(当時49)が住むアパート敷地内に押しかけ、内田さんの胸や背中などを小刀で突き刺して失血死させた。

 井野裁判長は、刺し傷の深さや篠田被告が内田さんの生死を確認せずに逃走したことなどを挙げ、「行為の危険性を分かっており、殺意は強固だった」と指摘。「殺意はなかった」として傷害致死罪だと訴えた弁護側の主張を退けた。(上月英興)