カズワン、クレーンで作業台船上に引き揚げ 午後に網走港へ

【動画】引き揚げられたカズワン、作業台船にのせられ網走港へ=熊倉隆広撮影
[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で27日未明、船体が作業台船上に引き揚げられた。事故の発生から1カ月以上たち、原因解明に向けて船体の調査が本格化する。

 海上保安庁によると、カズワンの船体は水中につり下げた状態で移動中だった24日、ウトロ漁港(斜里町)の沖合で海底に落下。26日に約4時間かけて再びつり上げられ、作業台船の横にロープで固定。そのままの状態で同日夜、約7キロ陸側の水深の浅い地点に移動した。

 船内の水をポンプで抜くといった作業は深夜も続けられ、27日午前3時20分ごろまでに、作業台船の船首側の台の上にクレーンで引き揚げられた。

 同日午後に網走港に入港し、船内に残った水をさらに抜いたうえで、機関室などを中心に行方不明者につながる手がかりがないか調べる。陸揚げは29日を予定しているという。