マリン首相、キーウでゼレンスキー氏と会談「英雄的精神は称賛に値」

有料会員記事ウクライナ情勢

ロンドン=金成隆一
[PR]

 北欧フィンランドのマリン首相が26日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)を訪問し、ゼレンスキー大統領と会談した。フィンランドはロシアのウクライナ侵攻後、軍事同盟「北大西洋条約機構(NATO)」に加盟申請した。今回の訪問には連帯の姿勢を示す狙いがあるとみられる。

 ウクライナの大統領府が訪問を発表した。ゼレンスキー氏はSNSで面会時の写真を公開し、「私たちにとってフィンランドからの軍事支援は大変価値がある。武器や(対ロシア)制裁措置、ウクライナの欧州連合(EU)加盟をめぐるパートナー国の結束が、私たちの国土の防衛に力を与えてくれる」と、マリン氏の訪問に感謝を記した。

 マリン氏は、多くの民間人が犠牲になったことで知られるキーウ近郊の激戦地ブチャとイルピンも訪れたという。

 ウクライナの大統領府の発表…

この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。