警察官がトランクに押し込み催涙ガス、黒人男性が窒息死 ブラジル

有料会員記事

ボゴタ=軽部理人
[PR]

 ブラジル北東部のセルジペ州ウンバウバで25日、警察官が黒人男性を警察車両のトランクに押し込み、死亡させる事件があった。トランクには催涙ガスが放たれ、男性は窒息死したという。この日は、米国で黒人のジョージ・フロイドさんが警官に首を圧迫されて死亡した事件から2年となる日で、ブラジルでは大きな反発が起きている。

 地元メディアなどによると、25日正午ごろ、高速道路をバイクで走行していたジェニバウド・サントスさん(38)を3人の警察官が呼び止めて聴取。SNSに投稿された動画では、両手を頭の後ろで組んでいたサントスさんが嫌がるそぶりをしたため、警察官がサントスさんを足で押さえつけ、催涙ガスが放たれた警察車両のトランクに押し込む様子が映っている。

 サントスさんは警察署に連行されたが到着時には意識がなく、運ばれた先の病院で死亡が確認された。窒息死だったという。

警察は声明、サントスさんの妻は

 警察は声明を発表し、サント…

この記事は有料会員記事です。残り416文字有料会員になると続きをお読みいただけます。