古書店「まんだらけ」の社長ら書類送検 性的な「ビニ本」販売の疑い

有料会員記事

土舘聡一、大山稜
[PR]

 古書店大手「まんだらけ」(東京都中野区)の店舗などで違法なアダルト本約400冊を販売目的で所持するなどしたとして、警視庁は27日、同社の男性社長(50)や店舗責任者ら計5人をわいせつ図画有償頒布目的所持などの疑いで書類送検し、発表した。アダルト本は1970~80年代に流行したいわゆる「ビニール本」(ビニ本)と呼ばれる写真誌で、性器が露骨に確認できるものだったという。

 保安課によると、社長らは昨年10月~今年1月、同社の販売サイトにビニ本の画像を掲載した疑いのほか、東京都と大阪府内の計3店舗と千葉県内の倉庫でビニ本計約400冊を販売目的で所持するなどした疑いがある。5人は容疑を認めていて、社長は「芸術としてのエロスと捉えて売っていた」と話しているという。

 同課が昨年夏ごろ、ネット上…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら