首相「国交省として責任を果たすことができていなかった」 知床事故

有料会員記事

岡村夏樹
[PR]

 北海道・知床半島沖で乗客・乗員計26人が乗った観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故について、岸田文雄首相は27日午前の衆院予算委員会で「事業者の安全意識の欠如などを把握できなかったことは国土交通省として責任を十分に果たすことができていなかった」と国の責任を認めた。立憲民主党大串博志氏の質問に答えた。

 国交省は昨年5~6月に事故…

この記事は有料会員記事です。残り225文字有料会員になると続きをお読みいただけます。