包装紙で広がる輪 教文館ナルニア国が絵本作家とウクライナ支援

有料会員記事ウクライナ情勢

田中瞳子
[PR]

 東京・銀座の老舗書店、教文館にある子供の本売り場「ナルニア国」では、欧州に住む日本の絵本作家や画家と協力してウクライナへの寄付金を募っている。お礼として、ウクライナ国旗と同じ、青と黄色のリボンを巻く猫の絵をあしらった包装紙を渡す。当初は店頭のみでの取り扱いだったが、遠方からも支援をしたいという声が届き、発送も受け付け始めた。

世界に目を向ける契機に

 ナルニア国は売り場に、ロシアから侵攻を受けるウクライナのための支援箱を設置。1千円以上の寄付をしてくれた人に、お礼としてオリジナル包装紙(B3サイズ、5枚1セット)を渡す。

 4月から始めた取り組みで、用意していた包装紙が終了したため増刷をかけている。6月中旬から再び店頭に並び、発送も開始する予定だ。

 包装紙にはウクライナ国旗と…

この記事は有料会員記事です。残り603文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら