男性にも「嫉妬」あるのに、なぜ女偏 17歳中国人留学生の違和感

有料会員記事

屋代良樹
[PR]

 嫁、嫉、妬、奴、なぜ女偏? 中国人の高校生、王安愉(おうあんゆ)さんが抱く違和感だ。結婚した女性だって外で仕事をする。男性にも嫉妬の感情はあるのに――。日本に留学して初めて気付いた漢字のナゾ。そして17歳は「理性的なボクサー」になった。

 王さんは沿岸部の青島市で生まれ、2020年度から京都両洋高校(京都市中京区)の進学コースに在籍している。

 小学生の時に日本のアニメ「プリキュア」や「アイカツ!」に熱中し、中学生になると「欅坂46」などのJ―POPにはまった。

 発音をまねて歌ったり、アニメのセリフを言ってみたり。「日本に身を置いて日本語を学びたい」と思うようになり、両親を説得して留学。昨年、日本語能力試験で最も難しい「N1」に合格した。

 そんな王さんが「女偏」を意識し始めたのは、高2の夏休みのこと。

動画で紹介されていた日本の本

 なんとなく見ていた動画配信サイトで、中国人が日本の本のことを紹介していて、目が留まった。

 「女の子はどう生きるか」(岩波ジュニア新書)。社会学者の上野千鶴子さんの著書だ。

■「女の子なんだから」にモヤ…

この記事は有料会員記事です。残り1190文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    長島美紀
    (SDGsジャパン 理事)
    2022年5月29日10時56分 投稿

    【視点】記事を読んでから、私も興味を持って、女偏と男偏について漢字辞典を引いてみました。女偏については「女性・婚姻・感情などに関する漢字」と説明があり、女性を表す「姉,妹,嫁,妻,婦,婆,嬢,娘」や婚姻を表す「婚,姻,姓,嫡,婿,妊,娠」、感情を表