第1回結婚ラッシュの「幸せオーラ」に焦る 多様な選択肢に見失う「普通」

有料会員記事

まとめ・前田健汰
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 「ゆとり世代」「さとり世代」とされる私たち20代は、普通の幸せや人並みの暮らしを求める「安定志向」だとよく言われる。だけど、学生から社会人になるまでに社会はガラガラと変わり、一人ひとりのライフスタイルは多種多様となった。人生の選択肢は無数にある。だからこそ「正解」が分からない。何にでもなれるけど、何になれば良いの? 目指す「幸せ」はどこにあるのか。

働く20代の「本音」求めて全国6都市へ

 会社に入って数年、仕事に慣れ、楽しみも難しさも分かり始めるのが20代中盤です。それゆえに働く意味を考え、将来をどう描くかを悩み始める時期でもあります。生き方の選択肢が無数にあるからこそ、迷いは尽きません。「ワーク・ライフ・バランスを」と言われてもモヤモヤするばかりの24~26歳の記者6人が、突破口となるヒントを求めて3月下旬、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡に向かいました。「働く20代」への聞き取りアンケートから見えた、この世代の実像や本音をお伝えします。働き方や価値観の違いにギャップを感じる上の世代に向けて、識者の解説や分析をインタビューでお伝えします。

 プライベートの充実と仕事のバランスは、今後の人生を語る上で欠かせない。「理想」とするバランスは可能なのか。

 3月中旬、雲が広がる東京・新宿駅近くの公園。フットサルを楽しむ社会人のグループに、記者(25)は近づいた。声をかけると、川崎市のベンチャー企業勤務の女性(29)が語り始めた。

仕事を簡単に諦める選択肢は取りたくない

 30代を迎えるこれから、「普通に結婚して、子育てしながら働きたい」という希望はある。仕事については現状に満足しており、不安や悩みはない。楽しいと感じる目の前の仕事に毎日、全力を注いでいる。

 だが、いまに全力を傾けるその姿は、将来への不安や迷いの裏返しでもある。何か具体的な将来を描いているわけではない。結婚や子育ての希望はあるが、今後結婚した時にどう働くかはまだ考えられない。

 女性が当たり前に働く時代に…

この記事は有料会員記事です。残り2737文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載働く20代のモヤモヤ WLBと言われても(全16回)

この連載の一覧を見る