AV救済法案が衆院通過、参院審議へ 1年間は無条件に契約解除が柱

こぼれ落ちる子どもたち

久永隆一
[PR]

 アダルトビデオ(AV)の撮影や公表で生じた被害を救済するため、超党派の国会議員でまとめた「AV出演被害防止・救済法案」が27日、衆院本会議で全会一致で可決された。今後、参院での審議に移る。

 法案は出演者の年齢や性別に関わらず、AVの公表から1年間は無条件に契約解除できることが救済策の柱。今後2年間に限り、契約解除できる特例措置もある。

 仮に無条件の契約解除をしても、出演者に損害賠償を求めることはできないと明記。商品の回収といった原状回復の義務をAV制作・公表をした側が負うことも盛り込まれている。

 また、出演契約の際に、性行為の内容を記した書面を出演者に渡したり、出演者が特定されるおそれを説明したりすることが、制作や公表を行う側に義務づけられる。

 2年後の見直し規定があり、性行為を伴う契約のあり方については今後の検討課題とされた。

 今回の法案は、今年4月からの成人年齢の引き下げにより、18歳や19歳であれば保護者の同意のない契約を無効にできた「未成年者取り消し権」を使えなくなったことがきっかけになった。(久永隆一)

こぼれ落ちる子どもたち

こぼれ落ちる子どもたち

虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。[記事一覧へ]