記者宛ての年賀状につづった胸中 日本赤軍元最高幹部、28日出所へ

有料会員記事

鶴信吾
[PR]

 「21年以上の獄中生活も、振り返ると、とても短かったようにすら感じられます」

 今年1月、記者の元に1枚の年賀状が届いた。差出人は「重信房子」とある。1970年代を中心に、世界中でさまざまなテロ事件を起こした過激派グループ「日本赤軍」の元最高幹部だ。

 年賀状には「命をつなぎ出所出来そうです」とも書かれていた。5月28日、76歳になった重信受刑者が懲役20年の刑を終えて出所する。

 いまだ逃亡中のメンバーへの影響など、重信受刑者の出所後の動向は捜査当局が注視する。日本赤軍は自ら解散を宣言しているが、過去の数々の事件に対してどんな思いでいるのか。記者は、逮捕から20年の節目にあたる2020年秋から関係者らへの取材を進めてきた。

便箋にびっしり並べた文字

 同年11月、重信受刑者の近況を取材した記者に対し、弁護人を務めた大谷恭子弁護士から、大谷弁護士に宛てた便箋(びんせん)7枚の手紙の写しを受け取った。

 そこにはびっしりと小さな文字が並んでいた。

 手紙ではまず、大阪で逮捕さ…

この記事は有料会員記事です。残り1213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら