共産・志位氏、自衛隊活用論語る 連合政権の道「絶対捨てない」

有料会員記事共産

聞き手・横山翼
[PR]

 共産党は今年で創立100周年を迎える。主権が侵害された時は、違憲との立場をとる自衛隊を「活用する」と志位和夫委員長が明言し注目された。「野党連合政権」の実現を掲げ、参院選に向けて現実路線をアピールする。志位氏はインタビューで「その道は絶対捨てるつもりはない」と語った。

 ――4月の党会合で「急迫不正の主権侵害に際しては自衛隊を活用する」と発言した真意は

 自民党は「安全保障=軍事」だが、軍事力でなく外交の力を用いるのが我々の安全保障論。ただ、外交の努力をしても万が一のことが起こればどうするか。いま日本を取り巻く状況の中には実際にきな臭い要素がある。我々が政権に入ればこういう対応をしますということを述べた。

 ――他党は「ご都合主義」と批判した

 筋違いでただちに反論した…

この記事は有料会員記事です。残り1249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。