「米国は台湾についてはっきりすべき」対中政策公表、米研究者の視座

有料記事

聞き手・清宮涼
[PR]

 米国のブリンケン国務長官は26日、バイデン政権の対中国政策について演説し、中国を「国際秩序を変える意図とそれを実行する力を持つ唯一の国家」と述べた。中国の外交・防衛政策に詳しい米シンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)のマシュー・フナイオレ上級研究員に、演説の意味合いと、バイデン政権の対中政策について聞いた。

 ブリンケン国務長官は、中国がルールに基づく国際システムに対してもたらす挑戦について説明した一方、米中の協力の余地も残した。中国共産党を弱体化させようとはしないが、世界の民主主義への支援を続けるとした点は重要だ。

 演説は、米国が(地域の)平…

この記事は有料記事です。残り463文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!