防衛費増額、こども予算倍増 予算拡充強調するも財源示さぬ岸田首相

有料会員記事

松山尚幹、西尾邦明 小木雄太
[PR]

 物価高騰の「緊急対策」に使う予備費の積み増しなどを盛り込んだ今年度補正予算案が27日、衆院本会議で与党と国民民主党などの賛成多数で可決された。「防衛費増額」「子ども政策予算の倍増」と予算拡充を強調する岸田文雄首相は、肝心の財源を語らないでいる。

 岸田首相は日米首脳会談で、バイデン米大統領を前に、防衛力の抜本的な強化に向けた「防衛費の相当な増額」を表明した。しかし、国民に説明する場である27日の衆院予算委員会では「(増額の)数字がはっきりしない段階から財源とか影響を申し上げることはできない」と歯切れが悪くなった。「(防衛力強化の)内容と金額、財源の3点セットでしっかり議論を行っていく」とし、今後の課題と位置づけた。

 夏の参院選を控え、首相は国民に負担を強いる議論はあいまいにしたまま防衛費の増額を訴える。

 質問した共産党の宮本徹氏は…

この記事は有料会員記事です。残り1178文字有料会員になると続きをお読みいただけます。